会社概要

「共に生きる」思想を実践



社会の発展も企業の発展も、主役は“ヒト”です。一人ひとりが向上しようと努力することによって歩みは進むのです。

1956年に会社設立以来、オークテックは一貫して、働く“ヒト”だれもが生活を向上し、働く喜びが感じられる企業であることを目指してきました。
四日市という工業都市にあって、企業環境は常に厳しい状況にさらされていますが、価格破壊、バブル崩壊、国内製造業の空洞化といった世の中に今まで起きた大波にもムリに逆らうことなく自然体で対応し、堅実な歩みを続けています。そして、それを可能にしているのは、オークテック独自のスピリットです。

世の中のグローバル化により異文化理解、共生といったことが声高に叫ばれていますが、基本は、他人を理解することにあります。
いろんな“ヒト”がいることが自然なのである、との視点からオークテックでは各人各様の考え方を尊重しながら、仕事を通じて“ヒト”として互いを理解しながら共に生きていく、これを企業のスピリットとしています。

“ヒト”としてのぬくもりを感じる会社、人間的経営をオークテックはめざしています。

経営理念

  1. 社員が安心して働ける温かみのある職場環境を提供する。
  2. ものづくりの技術をもって、常にチャレンジ・成長する企業を目指す。
  3. 社会の一員として地域に貢献できる企業を目指す。

行動指針

  1. 経営者、社員は、信頼関係を大切にし、努力を惜しまず、温かみと思いやりのある行動をします。
  2. 私たちは、お取引先の要望に、常に前向きに取り組むように努め行動します。
  3. ものづくりの会社の一員として、自らはプロフェッショナルを目指し、真摯に仕事をします。